TOEIC試験の重要性と難易度

TOEICは目標設定が最も重要

みなさんは英語の試験であるTOEICを聞いたことがあるでしょうか。これは近年多くの受験者がいる試験で、良い成績は履歴書にも書けるので非常に注目の試験です。このTOEICは990点中何点とれるかという試験で、英検みたいにレベルごとに試験が分かれていないというところが特徴です。なので成績が普通の方と高レベルの方が同じ試験を受けるということになります。なのでどれくらいの難易度なのかあまり分からないという方もいると思います。なのでここではどれくらい取れればこのレベルということ話していこうと思います。
まず英検がイメージがつきやすいので、これと比較してTOEICの難度を測っていこうと思います。TOEICで500点取ることは英検での準2級のレベルに相当します。これは高校在学中のレベルです。なので高校まで行っている方は取れるレベルだと言えます。
700点取れる方は英検の2級ぐらいの力だと言えます。これは高校卒業レベルで大学入試のレベルだと言えます。ここらへんになると難度が上がってくるので、取れる方も少なくなっていると思います。900点取れる方はかなりの上級者だと言えます。このレベルなら履歴書に書いたらすごいと言われるレベルです。ですがこれはなかなか難しいので相当な努力が必要です。こんな感じで大体の難易度を話しましたが、自分にあった目標設定が一番重要なので、そこをきちんとしていきましょう。

グローバル化が進んだ日本でのTOEICの重要性について

社会のグローバル化が進む中で、TOEICスコアを評価メジャーにする団体が近年増えてきています。例えば、大学入試であったり、就職活動、そして、企業に入っても社内での昇格に一定のスコアが必要であったりします。特に、大きな企業になればなるほど、グローバル化が進み、TOEICスコアを重要視する傾向があります。あるグローバル企業では、社員のTOEICスコアの上昇を促す為に、メールの署名箇所にスコアに応じて星の数をつけるというルールまであるようです。例えば、400点から450点の間なら星一つ、700点から750点の間なら星三つといった具合です。
また、様々な手法で、社員のスコアアップをサポートする企業もあります。大手英会話スクールの講師を招いて、高級ホテルで合宿をしたり、聞くだけで英語力がアップすると話題の教材を企業が購入して社員に貸し出したり、海外の大学に留学させたり、海外の関連会社に行かせたり様々です。それだけに、就職活動を控えている方は、是非TOEICスコアを出来るだけ伸ばしておく事をオススメします。いずれ、必要となるものです。仕事が忙しい中で必死に勉強しなければならない事を想像して、やれる時に精一杯頑張っておいて下さい。