TOEIC試験当日の持ち物と流れ

TOEIC試験当日の流れ

TOEICの試験当日の流れはどのようなものなのでしょうか。初めて受ける方は勝手がわからず不安ですよね。今回はTOEICの試験当日の流れを見ていきます。TOEICは大体昼ごろから始まります。公式が発表しているものによると、11:45~12:30が受付時間です。なお、受付終了時間の12:30を越えてしまいますと、受験することができないので遅刻は厳禁です。また、受付が終了してからの退出は認められていませんので、お手洗いなどは受付終了までに済ませておきましょう。
受付が終わって5分後の12:35から試験の説明が始まります。このときに、リスニング用の機械の音がしっかり出るかの確認も行います。この説明が25分で、13:00まであります。しっかりと気持ちを落ち着けましょう。13:00から試験開始です。最初はリスニングから。リスニングの時間は大体45分です。リスニングが終わると、間をあけずにリーディングが始まります。時間は大体75分です。
試験時間は2つ合わせて2時間です。15:00に試験が終了します。解答用紙を集め、人数分があるかの確認を行いますが、この間は退出できません。公式発表の予定では15分となっていますが、ここはしっかりと15分ということはあまりありません。確認できしだい解散となります。当日の流れは以上です。TOEICは3時間を超える長丁場です。受ける方は頑張ってください。

TOEIC試験当日の持ち物

TOEIC試験当日、何を持って行けばいいのでしょうか。試験当日に焦ってしまわないためにも、初めて試験を受ける人や、ちょっと不安だと思う人はしっかりと確認を行いましょう。TOEICの試験当日に必要な持ち物は主に5つあります。順に見ていきます。まずは受験票です。一番必要なものです。なければ受験ができません。受験票には受験者の情報などが書き込まれており、試験管は受験の前に受験用をチェックするので絶対に忘れてはいけません。
さらに証明写真も必要です。本人がしっかりと受験しているかどうかを確認するために、証明写真の持ち込みが義務づけられています。サイズは縦4cm×横3cmのもの、試験日から遡って6ヶ月以内に撮影されたもの、正面を向いたもの(顔をしっかりと確認するため)、本人しか写ってないもの、帽子をかぶらず頭部全体が写っているもの、背景が白か薄い色で何も写っていないものなど、いろいろ決まりがありますのでしっかりと確認しましょう。
そして、運転免許証や学生証、パスポートなど、個人を証明するカードや書類なども必要です。筆記用具もなければ解答できません。シャーペンでもいいですが、マークシートなのでなるべく鉛筆が望ましいでしょう。最後に、意外と重要なのが、腕時計です。TOEIC試験中は時間のアナウンスが行われないので自分で時間を管理する必要があります。会場には時計がない場合もあります。