大きなアドバンテージになるから持っておきたいTOEIC

TOEICは大きなアドバンテージ

TOEICは英語の試験として世界で共通する非常に有名な試験です。日本では主にリーディングとライティングの試験が行われますが、TOEICで高得点を取ることがイコール「使える」英語力になるのかを考えていきます。
まず、結論から言って、TOEICで高得点を取ったからといって英語が喋れるようになるかというと、そうはなりません。理由は単純で、TOEICではスピーキングの練習をしないからです。もちろんスピーキングとライティングの試験もありますが、日本で行われている試験の多くはリーディングとリスニングですので、リーディングやリスニングの力は上がりますが、いわゆる「発信系」とよばれる、話す、書くの力はあまり養うことができないのです。
とはいえ、リーディングとリスニングの試験が喋れることにつながらないかというと、そうとも言えません。話す力は、どれだけ瞬発的に自分の中にある言葉を口に出すかということにかかっています。練習の過程では、簡単なものからはじまり、徐々に難しいことまで、瞬間的に言葉を口から出すトレーニングを行います。このとき、より多くの英語の知識を持っていた方が、当然引き出しも多いので、早く上達が見込まれます。すでにリスニングの力はついているというのも大きなアドバンテージです。

持っておくべきTOEIC

そろそろ就職活動の大学生、社会人になったばかり新入社員、昇進したい方々、武器の一つとして持つべきなのはTOEICです。レベルは広く一般的に大学を出ていれば、300点取得できる易しい質問もありますが、帰国子女でも回答が迷うほどやや難しい質問ももちろん登場します。
就職に有利なのは、日系企業希望ならば500点程で良いでしょうが、グローバル企業希望ならば700点もっていないと、周りと戦える武器と言い難いです。TOEICをどうやって勉強すれば点数が上がるの?と考えている方がたくさんいらっしゃると思いますが、最も結果がでるのは、過去の問題集をひたすらやることです。リーディングによく出てくる文法は、しっかり覚えていれば短文穴埋め問題の半分はできるはずです。他には、文書をじっくり読まないことです。英語でいうと、Skim-readですが、ざっと読み通すということです。問題が多いので、丁寧に読んでしまうと時間切れになって全て回答できなくなります。特に長文書の際には要注意です。
TOEICのリーディングセッションには、スピードが最も大事でスピード勝負なんです。リスニングは、絵がでているところは、聞き取りやすい問題ばかりですが、なまりが強いスピーカーもいるので耳になれない日本人には、少し集中力が必要です。